リフォームコラム―知ってて便利


外壁・防水編


外壁材は、火災や気候から家を守ると共に、

家の外観イメージ形成に大きな役割を果たします。

外壁材にはかなりの数の種類が存在しますが、

大きく、サイディング(金属系含む)・モルタル・板張りの3つに分類されます。

 

また、外壁塗装の塗料とは“顔料・添加剤・合成樹脂”の3種類を混合したものを言います。

その中でも一番重要な成分である合成樹脂には“アクリル合成樹脂”

“ウレタン合成樹脂”“シリコン合成樹脂”“フッ素合成樹脂”の4種類があります。

 

選ぶ外壁材や塗装の種類によって、見た目はもちろん、

耐久性やコストにも差が生じます。

それぞれの特徴を知り、リフォームにお役立て下さい。



外壁材は、火災や気候から家を守ると共に、家の外観イメージを形成します。外壁材にはかなりの数の種類が存在しますが、大きく、サイディング・モルタル・板張りの3つに分類されます。


 

外壁塗装の種類と特徴

 外壁塗装の塗料とは、顔料・添加剤・合成樹脂の3種類を混合したものを言います。その中でも一番重要である合成樹脂には、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素の4種の樹脂があります。

 

 



塗装工事の流れ

外壁塗装の種類と特徴

塗装工事の大きな流れを説明します。①着工前挨拶→②足場かけ→③下地調整→④高圧洗浄→⑤ 養生→⑥塗装工事→⑦ 養生外し・仕上がり確認・お引き渡し。これで工事完了です。



外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の種類と特徴

外壁塗装の耐用年数は、明確な基準がありません。環境に大きく依存する為です。短くて築6年、長ければ15年。平均値は、築10年前後です。10年前後経ったら、外壁塗装を考えましょう。



外壁塗装に適した季節

外壁塗装の種類と特徴

外壁塗装に適さない条件は、① 気温が5℃以下、② 湿度が80%以上。これだと塗装がはがれ易くなり、塗装の持ちも悪くなります。しかし、温暖な地域であれば、真冬でも外壁塗装はできます。



屋根の塗り替えの必要性と目安

屋根は外壁と同様に定期的な塗り替えが必要です。建材や塗料によっても塗り替え時期の目安が異なりますが、色褪せやツヤ落ち、コケやカビ、割れや欠損などの状態をチェックしてみましょう。



外壁塗装の相場を知っておこう

外壁塗装の費用は業者や使用する塗料によってもかなり差が出ます。事前に相場を調べて知っておくことで、見積もり金額が適正かどうか、工事内容は妥当なものかどうかを判断する時に役立ちます。



鉄筋コンクリート(RC)住宅の外壁塗装

RC住宅の外壁は、コンクリートの劣化により中の鉄筋にも影響が及ぶ可能性があります。高圧洗浄後、光触媒のコーティングにより新築時の風合いを再生させ、耐久性を高めることができます。